WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月31日のニュース

2割「集団がやや苦手」 5歳児健診の効果報告

0131gosaikensin.jpg 府中丹西保健所と福知山市が05年度から始めている5歳児モデル健診事業の報告会が30日、市民会館で開かれた。健診で「集団がやや苦手な子」が約2割いることがわかったが、そうした子らに対して事後支援をし、問題改善に効果があったことも示され、問題を早期発見できる5歳児モデル健診の必要性を再認識した。
 

 集団が苦手などの特徴を見逃したまま子どもが大きくなると、学校や社会に適応できない、より大きな問題へとつながる。5歳児モデル健診は、乳幼児期にはわかりにくい発達上の課題発見にも役立つ。
 
 集団がやや苦手な子の割合は、他の地域の実施結果とほぼ同数という。事後支援によって3−4割で問題点が改善された。特に軽度発達障害児については事後支援の効果が6割以上で、早期介入による改善が期待できるとした。
 
 事業は08年度から市が主体となる。あいさつに立った溝尻・市保健福祉部長は「これまでの3カ年を踏まえて市の事業を進めていきたい」と話していた。
 
 
写真=3年間続けてきた5歳児モデル健診についての報告会
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ