WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月28日のニュース

「鬼迎え」張り切るぞ ウォー! 大原で節分行事のリハーサル

0128oobara.jpg 節分前夜に、毎年「鬼の家庭訪問」をしている福知山市三和町大原地域の人たちが、今年も本番を前に衣装の点検とリハーサルを27日、地元の大原神社に集まり行った。2月2日の夜には6匹の赤鬼、青鬼に扮して、里の家々をにぎやかに訪ねて回る。
 

 各家庭の鬼(厄)を迎える「鬼迎え」の行事で、1996年から地域の壮年層が始めた。今回ちょうど10回目になり、リハーサルに集まった鬼役たちは「寒さが厳しいのと、70戸を回るので最後の方はフラフラになりますが、地域を元気づけるため、今年も張り切って押しかけます」と元気いっぱいだった。
赤鬼、青鬼たちが金棒を振り上げ気勢を上げる
 
 大原神社では昔から節分の夜に「鬼は内! 福は外!」のかけ声で鬼を集め、神様の前で改心させて福の神にする独特の追儺(ついな)式が行われており、地域の人たちが各家庭から迎えた厄も、ここで福に変え、鬼役たちが景品付きの福豆を参拝者にまき振る舞う。
 
 追儺式は午後7時から。同日午前10時30分からは境内に祭られる火の神神社で鎮火祭が営まれる。
 
 
写真=赤鬼、青鬼たちが金棒を振り上げ気勢を上げる
 
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ