WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月26日のニュース

指定管理者説明会に12団体 夜久野農匠の郷の6施設

0126yakuno.jpg 福知山市夜久野高原、農匠の郷の6施設再開に向け、新たな指定管理者を募っている福知山市は25日、現地説明会を開いた。募集区分を4分割しており、市内の民間業者など延べ12団体が出席した。核と位置付ける温泉施設関連には4団体が足を運んだ。

 指定管理をしていた第三セクターが自己破産したため、昨年末から休止が続いている6施設で、市は4月からの再開を目指し、現在、新たな指定管理者を募っている。
 
 温泉施設関連は、温泉、宿泊、茶室の3施設を合わせての募集。赤字を生み出す原因とされている入浴料については、今回の募集では第三セクターと同じ条例で「600円以下」として変更しないなど、制約があることを説明。提出書類の事業計画書は、これらの条件を踏まえた上での収支見込みと必要な指定管理料、その算出根拠などを記すことを求めた。
 
 温泉施設の補修については、具体案として、源泉に滅菌設備を設けることや配管洗浄などを示し、「次の指定管理者の方に安心していただきたい」と、受け渡しまでに市が実施することを明言した。
 
 出席者からは仕入れ単価や、市と指定管理者の管理区分の明確化などの詳細情報、名称変更の可否を問う声が出ていた。ある出席者は「行政と民間で考え方の違うところがある。どこで折り合えるかということではないでしょうか」と話していた。
 
 
写真=新たな指定管理者選定に向けて開かれた説明会

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ