WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月23日のニュース

市幹部逮捕:高日市長、沈痛な表情で謝罪会見

0123taiho-kaiken.jpg 「非常にまじめな職員で、仕事ぶり、人格といい、全幅の信頼を寄せていたのに」。幹部逮捕という事態を受けて22日午後に緊急記者会見を開いた高日市長は、沈痛な表情で苦悩を語った。
 

 「市民のみなさんにおわび申し上げなければならない。信頼回復のため全力で頑張っていきたい」。冒頭に市民への謝罪の言葉を述べ、深々と頭を下げた。
 
 市が把握したのは17日だったという。芦田容疑者は長期の年休を申告し、久しぶりに出勤してきたため人事担当部長が様子を尋ねに出向くと、府警から事情聴取を受けていることを明かした。すぐ市長室へ伴い、市長に説明。当人は「心配をかけ申し訳ない。しかし、やましいことはしていない」と明言。市としてはそれ以上調査できず、見守ることにしたという。
 
■建築の技術屋 長く専門の仕事
 
 ずっと建築部門で仕事をしてきたことについて問われると、高日市長は「建築の技術屋であり、専門の仕事をずっとしてきた。他の所へ配属しても能力が発揮できない」と説明した。
 
 芦田容疑者の「都づくりプロジェクト建設室」は、三段池公園で建設中の武道館、そして市の未来をかけた駅北の「北近畿の都センター」、更には学校給食センター、防災センターの建設を手がける重要部門。それらを束ねる室長の逮捕で、事業に遅れは出ないか。市は「土木建築部長が室長を兼務し、他の部署も応援をして、プロジェクトに遅滞を来さないようにする。それが市民の信頼を回復する上でも重要だ」としている。
 
 逮捕に伴い、市は22日付で芦田容疑者を室長から企画管理部付に更迭した。起訴された段階で、当人を含む正式な処分を下す。
 
 
写真=会見で謝罪する高日市長(左)
 
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ