WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月17日のニュース

血液が不足する冬場に大きな力 陸自福知山が献血100リットル運動

0117kenketu.jpg 冬場の血液不足の解消に一役買おうと、陸上自衛隊福知山駐屯地で16日、「献血100リットル運動」が実施された。血液量は目標には届かず91・6リットルだったが、普段の会場で集まる血液量の3、4倍にあたる。
 

 寒いこの時期は、年間を通じて血液の在庫が最も不足するという。そこで福知山駐屯地では2006年から献血100リットル運動を始めた。
 
 駐屯地には府赤十字血液センター(京都市東山区)と府福知山赤十字血液センター(長田野町)のバス計3台、医師2人、看護師9人が訪れた。献血は午前9時から開始。岸良和典司令が第一号となり、訓練や業務の合間などに屈強な隊員たち229人が次々と400ミリリットル献血に協力した。
 
■大震災体験の隊員も
 
 高校3年のとき、神戸市で阪神大震災に遭い、避難所生活の経験がある安藤・二曹(31)は「困っている人を一人でも多く助けられたらうれしい」と話していた。
 
 福知山センターによると、在庫が不足するこの時期の血液確保が課題だったが、100リットル運動のおかげでしばらくは安定するという。
 
 
写真=隊員たちが次々と献血に協力していった
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ