WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2008年1月15日のニュース

文化財を火災から守る−市消防本部が寺社など立ち入り検査

0115bunkazai.jpg 郷土の文化財を火災から守ろう−と、福知山市消防本部などは15日から、文化財を保管する市内の寺社、資料館などへの立ち入り検査を始めた。
 

 1949年1月26日に奈良、法隆寺金堂壁画が焼失したことから、同日が「文化財防火デー」と定められた。この日を中心に市内では文化財防火運動を実施している。
 
 立ち入り検査初日は、消防職員、団員、市文化財保護審議会委員らが大江町の3カ寺と日本の鬼の交流博物館を巡回した。
 
 木造阿弥陀如来立像など3点の市指定文化財がある河守の浄仙寺(古寺忠夫住職)では、消火器、非常警報ベルの位置や暖房器具、ろうそく、線香の状況などをチェックしていった。古寺住職は「目に付かないところもあり、注意していただくと、よく分かる。今後も防火に努めていきたい」と話していた。
 
 31日までに、35カ所で検査。期間中の27日午前9時からは、三和町千束の町郷土資料館で文化財消防訓練をする。
 
 
写真=本堂内の防火状況を入念にチェックする消防職員ら(浄仙寺で)
 

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ