WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年12月 7日のニュース

復元の鯱瓦福知山駅へ 新たなシンボルにと

1207syati.jpg 昨年12月から福知山城公園内に置かれている「福知山城天守閣鯱瓦(しゃちがわら)」と対をなす1体が、JR福知山駅構内に設置される。鯱瓦は阿吽(あうん)の2体あり、駅構内には吽が置かれる。福知山の顔となる駅と城をつなぐシンボルへと期待が寄せられている。
 

 「市民が身近に瓦文化にふれることができるように」と、日本古来の鬼瓦の製作技術を守る技術者たちでつくる日本鬼師の会の会員たち延べ91人が、全国から同市大江町仏性寺の大江山鬼工房に参集。昨年9月2日から1カ月かけて鯱瓦を製作した。
 
 高さ150cm、横から見た最大幅は105cm、正面から見た幅は56cmで、福知山城の天守閣に上がっている鯱瓦の図面に基づいて原寸大で復元しており、職人の技が光る。
 
 間近で見られるとあって、福知山城公園の鯱瓦はすでに多くの人たちに親しまれている。残る1体を鉄道のまちの玄関口に置き、来福する人たちを迎える。市は「新たなシンボルになってくれればうれしい」と期待を寄せている。
 
 9日午前10時から駅構内改札口付近で除幕式をする。製作をした鬼師の会へ感謝状を贈呈し、御霊太鼓の演奏で祝う。
 
 
写真=JR福知山駅に設置する鯱瓦

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ