WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年12月 5日のニュース

技能五輪国際大会で金 今崎智也さん母校・府立工訪れ報告

1205imazaki.jpg 福知山市石原の府立工業高校の卒業生で、トヨタ自動車に勤める今崎智也さん(22)=愛知県豊田市=が、今秋に静岡県沼津市で開かれた「第39回技能五輪国際大会」の木型部門で、金メダルを獲得した。4日に同校を訪れ、倉垣誠校長らに喜びを伝えた。
 

 同大会は、22歳以下(一部職種除く)の世界の若者がモノづくりの技を競うもので、46カ国・地域の選手813人が、11月15日から4日間、47部門で競技を繰り広げた。
 
 木型部門には7人が出場。木材や樹脂を旋盤、ノミなどを使って課題図に沿って加工し、5つの模型を仕上げた。それぞれ制限時間があり、作業のスピードと、0・1ミリ単位の精度が求められた。
 舞鶴市出身の今崎さんは、小学生のころから技術に親しみ、同校情報システム科を04年3月に卒業後、トヨタ自動車に入社。現在は人事開発部に所属し、後進の指導をしている。
 
 昨秋の全国大会で優勝し、日本代表に決まって以来、世界一をめざして特訓を続けてきた。
 
 金メダルをかけ、日本選手団のブレザー姿で訪れた今崎さんは、大会で仕上げた精巧な課題作品を見せながら優勝を報告。「時間に余裕を持ち、あせらずに取り組むことができた。多くの方々の応援で勝ち取れた優勝。今回の経験を後輩に伝えていきたい」と笑顔をみせ、母校の後輩たちに「あきらめず、結果はどうであれ最後までやりぬくことが大切で、それが成長につながる。頑張ってほしい」とエールを送っていた。
 
 
写真=大会で仕上げた課題作品を持ち込み、優勝の喜びを語る今崎さん

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ