WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年12月 4日のニュース

ノッポさんと握手。工作も 市生涯学習フェスで講演

1203nopposan.jpg 福知山市生涯学習フェスティバルが始まり、1、2両日は市武道館などで様々な催しが行われた。2日は生涯学習推進市民大会があり、「ノッポさん」の愛称で親しまれる高見のっぽさんの講演会が市民会館ホールで行われた。
 

 NHK教育テレビで長年続いた番組「できるかな」で、一言も話さずパントマイムを織り交ぜながらいろんな工作をしてみせ、人気を集めたノッポさん。近年は「グラスホッパー物語」を歌い、新たに歌手としても人気を得ている。
 
 講演会は「グラスホッパー物語」新旧2作のDVD上映に続いて始まり、ノッポさんは登場するといきなり客席へ下りて、親子連れたちみんなと握手して回った。
 
 ステージに戻るとパイプいすに座って自身の生い立ちから話し始め、生後7カ月の時の記憶があることを例に「ゼロ歳の子でも記憶があるし、判断ができるんです」と説明。小さな子にも人格を認め、子どもではなく一人の人間として接していると話した。
 
 講演後半は客席の子どもや大人をステージに上げて、工作の時間。テレビの時のように楽しく紙を折り、はさみを入れて星を作り出していった。
 
 一方、武道館では生涯学習紹介コーナーとして様々な展示が行われ、各地域公民館の活動紹介や和紙人形、クレイアート、水彩画などサークルの作品発表があった。ゴミ減量化や環境保護の学習成果発表、エコバッグ作り教室もあり、訪れた人たちが体験していた。
 
 
写真=客席を握手して回るノッポさん

    

[PR]

 

株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ