WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年11月23日のニュース

福知山マラソン 優勝は山本泰明選手

23-1.jpg 第17回福知山マラソンは23日、福知山市三段池公園をスタート・ゴールに大江町ニ箇下を折り返す42・195kmコースで行われ、岡山県の山本泰明選手が2時間25分22秒のタイムで総合優勝した。山本選手は元実業団選手。福知山マラソンは初出場。アキレス腱を痛め昨年2回の手術を経験、一度は走ることをあきらめたが、リハビリに励んでフルマラソンを走りきった。
 

 2位は一昨年優勝で大会記録を持つ唐須素宏選手(兵庫)。時間は2時間26分53秒。3位は上山博也選手(大阪)で2時間27分43秒だった。
 
 女子の1位は鈴木純子選手(兵庫)で2時間44分25秒。
 
 序盤は唐須選手が独走し、山本選手は2位グループを形成して30秒後をついて走る展開。17km付近で並び、35km過ぎで前に出はじめ、36km付近で一気にリードを広げた。
 
 ゴール後は、「前半の向かい風で力を使ってしまったのと、十分な練習が積めなかったのでラストがきつかったです」とレースを振り返り、自身の故障のことなどに触れ「いろんな人に支えてもらって今の自分がいます。多くの人に感謝したい」と優勝の喜びを話した。
 
 
写真=10km付近を快走する山本選手


参照:
http://www.f-marathon.gr.jp/i/
http://nkyoto.ne.jp/

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ