WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年11月10日のニュース

ごみの分別難しい! 市が出張講座で説明に回る

 家庭ごみの分別の徹底を目指して、福知山市は環境問題出張講座に力を入れている。9月末に自治会に呼びかけたところ多くの反響があり、土・日曜日は11月末まで予約でいっぱいの状況が続いている。講師を務める市循環社会形成課は「分別が細かく、迷うときがあるとよく聞きます」と話す。自治会単位だけでなく、10人ほどで集まることができれば出向きたいとしている。
 

 今年度に入ってから、2件のごみ収集車の火災が発生している。うち1件は燃やさないごみの中に混じっていたスプレー缶や未処理のガスライターが出火原因と推測された。これまでにも類似事案があり、たびたび注意を呼びかけているが、さらに分別について説明する機会を設けている。
 
 「市町村ごとでごみ処理の方法が違うので、確かに難しいところはある」と同課。しかし、少しでも別の物が混じっているために再資源化できないこともあり、ごみ減量化と再資源化を進めるためには正しい分別が不可欠という。また、出火の恐れがある「使いかけのスプレー缶」「電池が付いたままのカセットコンロ」など、適切な処理がされないままのごみ出しについても注意を呼びかけている。
 
 出張講座では、職員がごみの分け方、出し方について説明し、市民からの疑問点に答える。
 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ