WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年11月 5日のニュース

障害者シンクロチームの演技披露も 体験教室で水泳の魅力伝える

1105suiei.jpg 福知山障害者スポーツクラブは4日、福知山市温水プールで、第2回障害者水泳体験教室を開いた。障害の有無に関係なく約100人が集まり、躍動感あふれる京都市の障害者らのシンクロナイズドスイミングチームによる演技を見学した。両丹日日新聞社など後援。
 

 クラブは、障害者にもできるスポーツを紹介し、自立と社会参加を進める狙いで05年春に結成した。その一つに水泳を取り入れ、今夏に開いた1回目の教室で水泳の基礎練習をし、今回は障害者にも適した水泳の魅力を知ってもらおうと、シンクロチームをゲストに迎えた。
 
 訪れたシンクロチームは「コスモス」「セーラームーン」「ウオーターキッズ」の3チーム。重度の障害を持つメンバーもいたが、サポーターとともに水の中に入り、軽快な音楽に合わせて大きな輪を描いたり、手を上下させたり優雅な泳ぎを見せた。プールサイドで見学する人たちも手拍子を打ち、一緒になって楽しんでいた。
 
 水泳練習は3クラスに分かれ、水中で遊んだり、本格的な水泳指導を受けた。
 
 全国障害者スポーツ大会の水泳競技に出場するなど活躍している大槻代表は「水泳は体への負担が少なく、障害者でも取り組みやすい。これからも年1、2回の教室を開き、愛好者を増やしていきたい」と意欲をみせている。
 
 見学に訪れた京都障害者スポーツ振興会の内山茂生会長は「水泳は障害者にとってリハビリ効果も高く、奨励しています。力を振り絞って、音楽に合わせて泳ぐ姿には感動します」と、シンクロチームの演技を見守っていた。
 
 
写真=躍動感あふれるシンクロナイズドスイミングを披露する京都市のチーム

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ