WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年10月16日のニュース

隕石みたい「宇宙いも」 大江町で栽培

1012ucyu.jpg 土中ではなく、地上のつるからできる「宇宙いも」が福知山市大江町仏性寺の畑で育てられている。その形はユニークで、宇宙に漂う隕石(いんせき)のように見える。
 

 宇宙いもは、東南アジア原産のヤマノイモ科の植物。植え付け後につるが伸び、ピンポン玉からソフトボール大の球形のイモ(ムカゴ)ができる。
 
 栽培しているのは藤原清さん(72)で、奈良県郡山市の三女の嫁ぎ先から種イモをもらい、4年前から自宅近くの畑で育てている。今年は4月に種イモを植え、8月ごろから実が大きくなり始めた。
 
 今は20個ほどなっており、収穫時期は今月末まで。初めて見た時はその形に驚いたという藤原さん。「皮をむいて、煮て食べますが、あまりおいしいとは思いません。形がおもしろいので作り続けています」と話している。
 
 
写真=宇宙いもを栽培する藤原さん

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ