WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月29日のニュース

大粒の秋がどっさり 丹波くりまつり

0929kuri.jpg 大きな粒のクリがどっさり−第37回福知山地方丹波くりまつりが、29日午前10時から福知山市三段池公園の駐車場特設会場で始まった。秋の丹波を代表する味覚、「京のブランド産品」にも認定されている丹波くりの魅力をアピールする催しで、開場前から多くの市民が訪れた。昼過ぎまでの開催。
 

 丹波では古くから盛んにクリが栽培され、献上品として全国に名を広めてきた。福知山はその主産地。毎年良質のクリが栽培されている。
 
 まつりの会場では、シーズン到来を告げてたくさんのクリが箱入りで販売され、贈答用などに買い求める人たちの行列ができた。「量り売り」のコーナーは3・2cm以上の2LとLサイズを混ぜ、升(ます)で大盛りにすくって販売。「大きいのをたくさん入れてね」とリクエストする人たちに、JA職員らが「すくってみてのお楽しみ」などと答え、取り囲んだ人垣に笑顔が広がっていた。
 
 このほかイガ投げゲームや、くりおこわなどの販売コーナーも設けられ、どこもスタート早々順番待ちができる人気だった。
 
 
写真=量り売りのコーナーは大粒のクリが升いっぱい盛られた

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ