WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月27日のニュース

長田野ガスがLNG転換 環境にやさしく安定供給

0927gasu.jpg 福知山市長田野工業団地の株式会社長田野ガスセンターが、液化プロパンガス(LPG)から環境にやさしい液化天然ガス(LNG)へと転換し、切り替え作業が終わったことから、10月2日に完了式を開く。LNGはCO2の排出が少ないほか、安定供給が見込め、同社では「これからも『安心』をお届けしていきます」としている。
 

 転換への具体的な検討は3年前から始め、昨年8月、転換工事に着手。新しい施設が今年8月に完成し、同月12日に転換を終えた。
 
 ガスを供給しているのは工業団地の約40社と団地内住宅約1000戸。家庭のガス器具は交換せずそのまま利用できており、転換後のトラブルも起きていない。一方、工場では燃焼ガスに含まれる成分によって製品に影響が出る分野があったため、早くから試験を繰り返して備えていた。
 
 LPGは原油価格以上に価格が乱高下するのに対して、LNGは長期契約で供給されるため、価格が比較的安定している。転換を検討し始めたころにも原油価格は上昇していたが、今ほどの高騰状況にはなく、同社の岡田総務部長は「今では国際市場でLNGも取り合いになってきました。転換の決断がもう少し遅かったら、条件が厳しい取引になっていたでしょう」と話す。
 
 また、ガスを使って電気と熱を取りだして利用するコージェネレーション・システムの機器が利用できるようになり、同社では、今後「マイホーム発電」の普及に力を入れることにしている。
 
■国内最大級タンク 600km2本
 
 転換にあたり新たに設けた施設は、タンクローリー車でLNGを運んできて貯蔵する内陸型のサテライト方式。タンクは600kmリットルが2本で、内陸部としては国内最大級規模。
 
 ガス需要は年々増えており、年間供給量は昨年2万5000立方mに達した。LNGに転換したことで新規に契約を結ぶことになった工場があることや、団地内で工場増設がされていることから、来年には年間供給量が4万立方mに大幅増加する見込み。
 
 完了式は同社構内で安全祈願を行った後、近くのホテルロイヤルヒル福知山へ会場を移して講演会をする。講師は能楽宝生流2代目の渡辺筍之介さんを迎える。
 
 
写真=タンクローリーから液化天然ガスがタンクに移される

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ