WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月26日のニュース

過去の病気じゃありません 結核予防週間で街頭啓発

0926kekkaku.jpg 結核予防週間が24日から始まり、府中丹西保健所などは25日夕、JR福知山駅一帯で街頭啓発活動をし、「もしかしたらと思ったら、早期受診を」と呼びかけた。

 結核は昔の病気−とのイメージが強いが、今でも年間に3万人が新たに発症しており、福知山市内でも毎年10人以上が発症している。高齢者のケースが多いが、近年でも各地の大学で学生たちの発症が相次いだ。このため府内では「結核は過去の病気ではありません」とのメッセージを伝えるため、30日までの週間中、7保健所で街頭啓発を計画している。
 
 福知山では保健所のほか福知山市、市連合婦人会からも参加して、計10人が駅の南北に分かれてPR。「結核は風邪のような症状です。せき、たんが2週間以上続く時は医療機関に相談を」などと書いたチラシ入りのマスクセットを手配りした。お年寄りから説明を求められ、職員がその場で「若い時に感染して、数十年たってから症状が出ることも多いんですよ」などと解説する場面もあった。
 
 
写真=街頭啓発で買い物客らにチラシのセットを手渡し、結核について説明した

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ