WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月14日のニュース

電線にムクドリの大群 夕暮れ時、東堀に出現

0914mukudori.jpg 電線にびっしりと止まった鳥の群れ。ギャーギャーとけたたましく鳴き、下の車道や歩道、駐車場に大量のフンを落とす。福知山市東堀の国道175号沿いの電線に、毎日夕暮れ時になると、おびただしい数のムクドリが集まってくる。

 

 
 ムクドリは、スズメとハトの中間くらいの大きさで、日本全国で見られる。福知山近辺には梅雨明け前後にやって来て、秋が深まるころ、暖かい地方へ移って行く。
 
 近くに住む、野生動物に詳しい府緑の指導員・森方徹さんによると、6、7年前から、東堀にムクドリの大群が現れるようになり、日没前後にまず一度、小さな群れが近くの電線に止まり、10〜20分後にそれぞれの群れが集合し始めて大群になるという。
 
 ムクドリの大群の鳴き声やフンの被害は全国各地で出ており、ある地点の大群を追っ払うことができても違う所に移るだけで、根本的な解決にはいたっていない。
 
 森方さんは「どこもムクドリには悩んでおられるようです。福知山では、10月半ばになると姿を消しますが、心配なのはフン。いろんなウイルスの媒体となっている場合もあるので、絶対に素手では触らないように」と話している。
 

写真:電線を埋めるように集まってくるムクドリ 

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ