WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月 7日のニュース

武者行列、検定など多彩 30日に酒呑童子祭り 

0907onimaturi.jpg 鬼伝説の町、福知山市大江町の恒例イベント、第26回大江山酒呑童子祭り(同祭り実行委員会主催)が30日午前10時から、同町仏性寺の酒呑童子の里一帯で開かれる。鬼芸能披露、武者行列、鬼検定など、鬼に関するさまざまな催しが繰り広げられる。

 
 鬼を広くアピールし、鬼ブランドを生かした地域振興が目的で、昨年は2カ所に分かれて開いたが、今年は大江山グリーンロッジ周辺を会場に開催する。
 
 恒例の全国鬼芸能紹介は、広島県北広島町の芸北神楽宮乃木神楽団が、神楽「大江山」を披露する。大江山の鬼退治伝説を題材にした勇壮かつ優雅な神楽で、酒呑童子伝説のあらましを分かりやすく見せる。
 
 武者行列もあり、酒呑童子、源頼光、坂田金時らに扮した人たちが会場周辺を歩き、ステージで口上を述べる。頼光の出身地、兵庫県川西市からも参加する。このほか、地元芸能披露では、酒呑童子太鼓、夜久野町の疾風(はやて)の太鼓演奏などがある。チーム対抗による鬼の金棒(丸太)切り、個人対抗での鬼そばの早食い競争などの楽しいゲームもする。テント村では、模擬店、バザー、フリーマーケットなどが出る予定。近くにある日本の鬼の交流博物館では第2回大江山鬼検定が行われる。
 

写真:宮乃木神楽団による神楽「大江山」

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ