WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月 5日のニュース

最年少16歳で全日本社会人選手権3位 ソフトテニス佐藤選手

0905st.jpg 第35回全日本社会人ソフトテニス選手権大会が岩手県盛岡市の市立太田スポーツセンターテニスコートで1、2両日に開かれ、福知山市のサンライフに所属する佐藤那帆選手(16)=福知山成美高校1年=と韓国・農協中央会のパク・チナ選手のペアが、8日から始まる世界選手権の日本代表選手を破るなどして、3位に入賞した。

 
 佐藤選手は、全国中学校大会で2年連続優勝するなどの活躍をした岡山出身の若手選手。佐藤・パクのペアは114組がエントリーした一般女子に出場。日本トップクラスの選手も多く集まった。そのなかで佐藤選手は最年少だったという。
 
 全部で6戦したが、準々決勝では世界選手権日本代表選手ペアと対戦し、4−1で勝利。続く準決勝の逢野祐子・濱中洋美ペア(NTTドコモ四国・広島女子商クラブ)には、弱点を突かれて敗れた。
 
 サンライフの古賀俊彦監督は、佐藤選手について「初日は良かったが、2日目は全日本クラスの選手 がいるので動きについて行けていないところもあった。3位は自信になったと思うし、自分がすべき次の目標が分かったのではないか。いい経験になった」と話している。
 
 また、村上和歌子・端地まどか(サンライフ)ペアは8強、山田麻衣・高塚みなみ(サンライフ・タカギセイコー)は16強に入り、健闘した。
 

写真:3位に入賞した佐藤選手(右)とパク選手

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ