WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年9月 3日のニュース

北近畿タンゴ鉄道本社移転 きょうから福知山で業務

0903ktr.jpg 府や沿線市町が出資する第三セクター・北近畿タンゴ鉄道(KTR)の本社が、1日付で福知山駅北口のJR西日本福知山支社ビル5階に移転し、3日から業務を開始した。

 
 同日午前9時30分から開所式が行われ、人事異動の辞令交付のあと、辻本泰弘社長が社員を前に「福知山は京阪神地域のお客様を迎える玄関口であり、今後は、恵まれた立地条件を生かし、より親しまれ、よりご利用いただける鉄道を目指し、社員一丸となって取り組んでいきたい」とあいさつした。
 
 このあと、辻本社長が社名看板を新たな事務所入り口に掛け、本社業務をスタートさせた。
 
 同社は前身の宮福鉄道設立(1982年9月)以来、京都市上京区の府庁内に本社を置いてきたが、ことし6月の株主総会で、沿線地域との連携をさらに強化し、利用者のそばで安全対策の一層の推進を図りたいと、福知山への移転が決まった。
 
 本社移転に伴い、組織改正が行われ、これまで府庁内の本社に置いてきた企画調整部と、宮津市の鉄道事業本部(総務、運輸、工務各部)を再編し、経営企画部(企画総務課、財務経理課)、運輸部、工務部の3部体制とした。福知山の工事事務所は従来通り。
 
 福知山本社には、経営企画部の企画総務課が入り、社長以下6人体制となる。年度途中の移転であり、当面は宮津市に財務経理課と、企画総務課の一部、運輸、工務両部が残るが、来年7月以降に財務経理課は本社に移転、他はこれまでの事業本部体制を検討する中で決めていく。
 

写真:本社入り口に社名看板を掛ける辻本社長

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ