WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年8月24日のニュース

夜久野中学生らが地域の人たちにパソコン指導

0824pasokon.jpg 福知山市の夜久野地域公民館は21日から4日間、同町高内の夜久野中学校を会場に一般講座「パソコン何でも相談室」を開いている。講師は夏休み中の同校2年生が務め、市内の主婦、高齢者ら16人に文書作成、表計算などをマンツーマンで教えている。

 
 今春、3年生に講師を依頼して開いたところ、参加者から「教え方が丁寧で、分かりやすい」と好評だった。今回は2年生に協力を呼びかけて計画し、参加希望者に事前に学びたい内容を尋ねて指導した。
 
 4日間通して参加する人がほとんどで、愛用のパソコンを持ち込む人も。学ぶ内容はパソコン操作の基礎だけでなく、デジカメで撮影した写真の加工方法、メールの作成方法、アクシデント時の対応などさまざま。それぞれの分野が得意な生徒が担当し、理解してもらえるまで繰り返して説明している。
 
 2年生の藤原君(13)に教わっていた同町今里の中塚さん(78)は「以前もパソコン講座を受けたことがありますが、老人会の文書などを作る機会が増え、今回は文書の作成技術を高めたいと思い参加しました。藤原君は近所ですが、とてもパソコンに詳しく驚いています」と話していた。
 
 足立正夫館長は「生徒たちは小学校1年生のときからパソコン教育を受けており、操作やソフトの活用に優れています。講座は中学校と地域の人たちとの交流の狙いもあって開いていますが、人気が高く、今回も定員の倍ほどの申し込みがありました」と喜んでいる。
 

写真:講師を務める夜久野中2年生から、パソコンソフトの活用方法を教わる参加者

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ