WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年8月22日のニュース

埼玉栄が2連覇 全国高校女子硬式野球選手権

0822josiyakyuu.jpg 第11回全国高校女子硬式野球選手権大会(丹波市など主催、両丹日日新聞社など後援)の決勝戦が21日、兵庫県丹波市のスポーツピアいちじまであり、花咲徳栄と埼玉栄が対戦。3点をリードされた花咲徳栄は9回表、2死から2点をもぎ取る粘りを見せたが、埼玉栄が逃げ切って優勝。2連覇を成し遂げた。これで6チームによる4日間の夏の熱戦が閉幕した。

 
 優勝した埼玉栄は1回裏、2死二塁から4番・新宮が左翼線へ三塁打を放ち先制。さらに3四球を選び押し出しで1点を加え、6回裏にも1点を入れた。
 
 花咲徳栄は9回表、土壇場で底力を発揮した。2死走者なしから、3番・嶋田が内野安打で出塁し、4番・大山の右中間を破る三塁打で生還。続く5番・小林はサードへの内野安打で大山を迎え入れた。ベンチや応援席は同点、逆転を信じたが、次打者が三振に倒れ、涙を飲んだ。
 
 大会期間中、福知山市の京都創成大学野球部員らが、グラウンド整備やボールボーイなどを務めた。
 
 成績は次の通り。
【リーグ戦】
 Aゾーン=花咲徳栄11−1丹波連合▽蒲田女子7−4丹波連合▽花咲徳栄3−2蒲田女子
 Bゾーン=埼玉栄4−3神村学園▽埼玉栄2−0駒沢学園女子▽駒沢学園女子2−1神村学園

【決勝戦】
花咲徳栄
 000000002=2
 20000100x=3
埼玉栄


写真:優勝して校歌を歌う埼玉栄ナイン

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ