WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年8月18日のニュース

園長さんのひざまくらで耳掃除 シロテテナガザルの福ちゃん

0818fukuchan.jpg 福知山市猪崎、市動物園(二本松俊邦園長)の屋外で飼育されているシロテテナガザルの福ちゃん(雌、3歳)は、人とのスキンシップが大好きだが、今一番のお気に入りは耳掃除。二本松園長のひざ枕で、気持ちよさそうにしているかわいい姿が、福ちゃん人気に拍車をかけている。

 
 福ちゃんは一昨年春、親から離れ、園の入り口近くの囲いの中で、来園者とふれあえる形で飼育されている。おりから出してしばらくは二本松園長に慣れなかったが、その後、抱っこをせがむなど、親のように慕いだした。
 
 耳掃除を始めたのは今年7月の初め。スキンシップのつもりで二本松園長が、福ちゃんをひざに寝転がせ、小さくて細い木の枝で耳かきをしたところ、じっとしたまま気持ちよさそうな様子を見せた。
 
 耳掃除を続けると、福ちゃんは眠そうな目になり、まるで親に甘える子どものように身をゆだねる。今では日課となり、人が使う綿つきの耳かきですることもある。耳掃除のほか、二本松園長から鼻掃除や目の周りのマッサージ、指での歯磨きもしてもらい、体を「リフレッシュ」している。耳掃除を受ける姿に、来園者たちも足を止め、「気持ちよさそう」と興味深く眺めている。
 
 二本松園長は「人間と一緒で、耳掃除をしている間は気持ちがよく、動くと痛くなるのでじっとしているのでしょう。わたしを親と思っているようで、今度は子ども用歯ブラシを使って歯磨きの練習もしていこうと思っています」と話している。
 

写真:二本松園長に耳掃除をしてもらい、気持ちよさそうな福ちゃん

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ