WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年8月 3日のニュース

大江山 きょう国定公園に指定

0803ooeyama.jpg 福知山市の大江山連峰や三岳山などをエリアとする「丹後天橋立大江山国定公園」が、国内56番目の国定公園として3日、環境大臣名で官報告示し、指定された。国定公園の指定は17年ぶり。日本三景の一つ天橋立をはじめ、鬼伝説や元伊勢神社など歴史とロマンあふれる大江山が、改めて脚光を浴びる。公園指定を記念して、3日から様々な事業が始まった。

 
 府中丹広域振興局は福知山、舞鶴、綾部の各総合庁舎で、それぞれ「大江山写真展」をスタートさせた。いずれも、地元福知山市大江町の市職員、伊田浩三さん(54)の作品。旧大江町職員時代の1985年ごろから、大江山の朝を撮影するようになった。まだ暗いうちから山へ分け入りカメラをかまえ、周囲の自然と語り合いながら撮影。雲海や朝霧に包まれたブナ原生林など幻想的な写真は特に評価が高く、これまでに作品集を2回発行し、個展も開催している。
 
 福知山総合庁舎府民ホールには、朝焼けの大江山や清らかな流れが涼しげな二瀬川渓流、いのちの息吹を感じさせる木々など14点が展示されている。期間は17日まで。
 
 また市内では、新公園誕生を祝う横断幕の掲示が始まった。ただし台風の影響で強風が吹き荒れており、様子を見ながらの掲示。場所は府総合庁舎と市役所玄関前、三和町農業振興センター前、夜久野町商工会前、大江支所前。
 
 4日には大江山で山田啓二知事らが出席して記念式典が開かれる。


写真:記念の写真展に並ぶ大江山から雲海に浮かぶ山々を眺めた作品

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ