WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月30日のニュース

キャンドルナイトで幻想的な光が福知山城を包む

0730mikkatenka.jpg ろうそくの明かりをともして、夏の夜をゆったりと過ごそうという福知山青年会議所主催「福知山三日点火〜8万4千人のキャンドルナイト」のシンボルイベントが29日夜、福知山城公園一帯で行われた。親水公園と本丸広場にはろうそくを立てた灯ろうが3000個並べられ、城の石垣や木々が、揺らめく明かりで幻想的に照らし出された。

 
 ろうそくを使うことによって電気の消費量を減らし、あたたかな光に包まれたスローライフを楽しむことを狙いにした催しで、昨年から全市的に実施している。福知山城の初代城主・明智光秀にちなんだイベント名で、27日から同日までの3日間、ろうそくの明かりのゆったりとした生活を市民に呼びかけていた。
 
 最終日のシンボルイベントでは、日暮れとともに親水公園と本丸広場で灯ろうに点灯。親水公園では水路に沿って置かれた明かりが緩やかな曲線を描き、本丸広場の銅門(あかがねもん)前には「三日点火」の明かりの文字が浮き上がった。
 
 また、古式火縄銃の演式や和太鼓演奏などもにぎやかに行われ、フィナーレはお城を照らすナイアガラ花火。訪れた人たちは、その様子を写真に収めたり、明かりのそばにしゃがみこんでじっと光に見入ったりして、思いおもいに夏の夜のひとときを楽しんでいた。
 

写真:本丸広場の銅門前に浮き上がった「三日点火」の明かりの文字

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ