WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月25日のニュース

陶器で星のランプシェード作る 宇宙少年団夜久野分団

0725yaukuno.jpg 福知山市の日本宇宙少年団夜久野分団と夜久野町地域公民館は24日、市内夜久野町額田、夜久野ふれあいプラザで夏休みを利用した「陶で作る星のあかり」教室を開いた。親子連れを中心に約40人が参加し、星型の窓を開けた陶製ランプシェードを仕上げた。8月下旬に開く星空観望会で会場に並べ、「星の小径(こみち)」をつくる予定。

 
 高内に逸孝窯を構える陶芸家で、夜久野星空の会の会長を務める衣川タカ子さんを講師に迎えての開催。参加者たちは信楽に白、茶2色の粘土を板状に延ばした後、型を使って3カ所に星の形をくり抜き、一升瓶に巻き付けて筒状にした。
 
 力のいる工程も多く、子どもたちは衣川さんやお母さんたちに手伝ってもらいながら成形作業を進めた。
 
 市内長山町から参加した成仁小学校2年、吉竹美沙紀ちゃんは「星の形をした窓を作るのが難しかった。焼き上がるのが楽しみです」と話していた。
 
 釉薬(ゆうやく)を使わない焼き締めの技法で衣川さんが焼き上げ、高さ約20cmの作品が完成させた後、8月28日に開催の星空観望会に持ち込み、ロウソクをともして並べる。会場はプラザ隣接の夜久野教文グラウンド。皆既月食などを観る予定。
 

写真:一升瓶を使い、星型の窓を開けた粘土を筒状にする参加者

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ