WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月21日のニュース

棚田の集落・大江町毛原と企業が森林保全協定を締結

0721forest.jpg 農林水産省の「棚田百選」に選定されている福知山市大江町毛原の自治会と大阪に本社がある企業2社が19日、森林の利用保全活動に関する協定を結んだ。地域づくりの実践活動をする京都モデルフォレスト運動の一つで、府内では2例目、中丹地区では初めての協定となる。今後、社員がツツジを植えるなどして森林の保全を図る。

 
 同事業は府民ぐるみで森林を守り育てる取り組みで、府と京都モデルフォレスト協会が運動を推進している。今回締結した2企業はパナソニックフォト・ライティング(重西孝仁社長)とエスペック(野路井達社長)。いずれも市内長田野町に工場がある。
 
 締結式では両社の社長と櫻井一好自治会長が締結書にサインをした。具体的な取り組みとして、当面は棚田のそばの森林約1・5haを対象に、雑木を間伐し、空いた所にツツジを植栽。遊歩道の整備もする。このほか間伐材を使い作業小屋も建てる。作業は基本的に社員が地元の要望を聞きながら進めていく。地元との交流事業も考えている。
 
 櫻井自治会長は「農地以上に森林の保全管理が難しくなっているなかで、本当にありがたい。地元としてもできるだけ協力したい」と話している。
 

写真:活動計画地の森林を見る関係者たち

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ