WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月20日のニュース

初の75mmも誕生 信愛育成苑のオオクワガタ

0720ookuwagata.jpg 福知山市日吉ケ丘の障害者福祉施設、信愛育成苑(楠戸良弘施設長)が職業訓練の一つとして取り組んでいるオオクワガタの販売が、20日から始まった。養殖事業に本格的に乗り出して10年目。ことし初めて75mmの大物も育て上げた。

 
 長年シイタケの菌床栽培に取り組んでおり、収穫後の菌床を林の中に積んでおいたところ、天然のカブトムシが産卵し、大量の幼虫が育っていたことからカブトムシの養殖を手がけるようになり、単価の高いオオクワガタの養殖も試験的にはじめ、1998年から本格化させた。
 
 職員がエサや交配方法など試行錯誤を重ね、独自の飼育方法をつくり出した。作業班の人たちと協力しながら養殖しており、純国産種の「形の美しさにこだわった」クワガタを育てていることで人気を得ており、毎年全国から注文が来ている。
 
 ことしは順調に飼育が進み、20日午前10時から販売に向けての作業にかかった。インスタントコーヒーの空き瓶を利用した養殖瓶から成虫を取り出しては、1匹ずつサイズを測って飼育ケースに移す。大きなクワガタが次々と姿を現し、計測していた職員が「75mmだ!」と声を挙げると、みんな大喜び。例年70mmそこそこの大物は育っていたが、なかなか75mmには達せず、ずっと目標にしてきた大きさだった。「来年は、もう1mm記録を伸ばしたい」と意気込んでいた。
 
 販売するのはオス、メス各100匹。施設内の直営昆虫ショップ=電話0773(22)8694=とインターネットのホームページで。市価より安くしており、オス70mmサイズで7000円。エサのゼリーや飼育ケースも扱っている。
 

写真:75mmのオオクワガタも出てきた

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ