WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月18日のニュース

陸上自衛隊のレンジャー養成 過酷な訓練終え福知山へ帰還

0718jieitai.jpg 福知山市の陸上自衛隊第7普通科連隊(岸良和典連隊長)のレンジャー養成教育を受けた隊員10人が、5月から約2カ月間に及ぶ訓練の締めくくりとなる最終想定を終え、18日朝、丹後半島から福知山駐屯地に無事帰還した。

  養成教育は過酷な訓練で、今回は5月14日から19人が臨んだ。基本、応用、総合訓練などで、体力向上や山地水路潜入などをしてきた。
 
 7月14日からの最終想定では、丹後半島最北の経ケ岬から、銃やリュックサックなど約40kmの荷物を担ぎ、1日1食という食事制限のもとで、訓練をしながら山中を進行。福知山駐屯地までの約100kmを踏破した。
 
 午前8時すぎ、駐屯地の門をくぐった隊員たちは、多くの隊員たちに迎えられ、岸良連隊長から一人ひとりに訓練を終えた証しとなるレンジャー徽章(きしょう)を受けた。岸良連隊長は「大変だったと思うが、到達できたのは自分の力だけではない。同期生や上官、家族のみなさんがレンジャーの頂に引っ張り上げてくれた。今後も気概とプライドを持って頑張ってほしい」と励ました。
 
 帰還式後、10人は各中隊での歓迎を受け、用意された食事をしたり、久しぶりに会う家族と写真を撮ったりして疲れを癒やしていた。


写真:岸良連隊長からレンジャー徽章を受ける隊員たち

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ