WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年7月 2日のニュース

雲原砂防の語り部養成 国登録記念物第1号を学ぶ

0702kumohara.jpg 国の登録記念物(遺跡)に昨年指定された福知山市雲原の「雲原砂防」のことをもっとよく知ろうと、6月30日夜、北陵コミセンで「雲原砂防 将来の語り部養成講座」が開かれた。地元の人ら約50人が集まり、専門家や古老から砂防工事の概要、尽力した当時の西原亀三村長についての話に耳を傾け、貴重な地元の施設について理解を深めた。

 
 講座を開催したのは、8月5日に砂防を生かした取り組みをする「雲原砂防イベント実行委員会」。地元住民がイベントの参加者に砂防のことを説明し、将来にまで語り継ぐことができるようにと計画した。
 
 講座では府中丹西土木事務所の職員が、1934年(昭和9年)から52年にかけて造られた雲原砂防について説明。砂防施設が国の登録記念物に指定されたのは第1号であること、近代砂防の歴史を理解する上で重要な施設であることを紹介した。
 
 続いて桐本武司さん(76)や荒砂敬太郎さん(80)ら地元のお年寄りたちが、1873年から1954年まで生きた西原村長について、「とにかく体格が良かった」「好々爺(こうこうや)だった」などと、子どものころに受けた印象を語った。また、石を運ぶ道具についての話などもあった。
 

写真:砂防工事のことや西原村長についての話を聞いた

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ