WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年6月30日のニュース

クマよけでランドセルにカウベル 三岳小PTAが購入

0630kaubel.jpg
 福知山市一ノ宮、三岳小学校(足立正幸校長)の全校児童33人が28日から、ランドセルにカウベルを付けての登下校を始めた。人里へのクマの出没情報が寄せられるなか、クマから児童たちを守るため同校PTA(岡田敏明会長)が購入し、配布した。

 
 森林環境の変化でクマが人里に下り、市内でも近年、民家近くのカキがクマに食い荒らされるなどの被害が相次いでいる。山間部にある同校では、クマに人間の存在を知らせるため、児童たちがランドセルに鈴を付けて登下校を続けてきた。
 
 しかし、5月下旬には喜多地区で、下校中の児童が子グマを目撃し、その2日後には一ノ宮での子グマの目撃情報が寄せられた。
 
 このため同校PTAは学校とともに安全対策を相談。鈴を落としてしまった児童もいるため、鈴より丈夫でよく響くカウベルの全児童への配布を決めた。
 
 児童たちは真新しいカウベルの音を響かせながら、集団で登下校している。下校時に途中で1人になる場合は、家族らに迎えに来てもらうようにしている。
 
 クマを目撃した児童は「子グマだったけど、少し怖かった。逃げようかと迷っていたら、近所の人のトラックが通りかかったので助かりました。カウベルは鈴よりよく響き、気に入っています」と話していた。


写真:ランドセルにカウベルを付けて下校する児童

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ