WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年6月26日のニュース

三岳、大江山 国定公園へカウントダウン 29日に中央審議会

0626ooeyama.jpg 福知山市に国定公園が誕生する日が近づいた。大江山連峰などからなる「丹後天橋立大江山国定公園」の指定が、29日午後に東京都内で開催される中央環境審議会自然環境部会で議題に上る。指定答申が出れば、環境大臣名で官報に記載され、正式に国定公園となる。決まれば、新国定公園の指定は17年ぶり。

 
 天橋立は京都府から福井県にかけた若狭湾国定公園の一部となっているが、これと切り離して大江山連峰と一体にした公園にする。新しい公園の面積は1万9023ha。うち大江山連峰が8196haを占め、福知山市域が4774haとなっている。
 
 福知山市域の公園部分は大江山と三岳山を結んだ一帯。大江山は山頂の尾根沿い、二瀬川沿いを中心に設定し、元伊勢外宮、内宮両神社や大江山グリーンロッジなどが含まれる。鍋塚など大江山連峰山頂、ブナ原生林が残る鬼嶽稲荷神社周囲、二瀬川沿いは規制が厳しく建物が新築できない第1種特別地域に指定される。
 
 ほかの場所は、農林漁業に必要な建築物なら一定の規模内で認められる第2種、大きさの制限が緩やかな第3種からなる。
 
 三岳は国道426号沿いの集落を外した三岳山のほぼ全体。三岳山荘などが含まれる。
 
 三岳山と大江山の間にある雲原地域も公園内に含まれるが、集落部は「普通地域」に指定され、一般的な住居を建てるのは支障ない。
 
 府は05年3月に国定公園化の方針を打ち出し、素案をまとめて今年3月に環境省へ申し出ていた。5月には、大学教授らによる中央環境審議会委員らが現地を視察に訪れている。
 
 国定公園になれば、いまの豊かな自然を守りながら観光資源の整備をしていくことができる。
 

写真:5月には審議会の委員らが大江山など現地を訪れた

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ