WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年6月18日のニュース

おはなし隊キャラバンが本の楽しさPR

0618ohanasitai.jpg
 本のおもしろさを子どもたちに伝えようと、講談社が展開している「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」が17日、福知山市内を訪れ、大江町と夜久野町で子どもたちが、読み聞かせや紙芝居などを楽しんだ。

 
 「おはなし隊」は、同社の創業90周年記念事業として、1999年7月にスタート。2歳〜8歳児を対象に、児童書発行各社の本や絵本550冊(うち講談社210冊)を積んだキャラバンカーとともに、月に50カ所ほどの教育施設などを全国巡回している。
 
 6月は京都府内56カ所を巡回している。大江町河守の大江支所前には、午前中にキャラバンカーが到着。まず、同支所内で市立図書館大江分館の職員らによる紙芝居があり、続いて同おなはし隊の新藤優子隊長が「にっこりねこ」や「もったいないばあさん」などの本を読み聞かせたほか、「イカタコツルツル」の紙芝居をした。会場には、約50人の親子連れが訪れ、目を輝かせて見入っていた。
 
 このあと、キャラバンカーが開放され、子どもたちは車の中に入って好きな本を手に取り、車の横に敷かれたシートの上に座って、お母さんたちと本を楽しんだ。
 
 午後は、夜久野町額田の夜久野ふれあいプラザ前で同様のイベントがあり、地元のボランティア「れんげ畑」が読み聞かせをするなど、子どもたちを楽しませた。
 
 おはなし隊は、19日に上六人部保育園と下六人部保育園も訪れる予定。
 

写真:キャラバンカーの横で本を楽しむ親子連れ(大江町)

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ