WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年6月 5日のニュース

福知山マラソンに10キロ種目新設

0605marason.jpg
 福知山マラソン実行委員会が4日、福知山市民会館で開かれ、「第17回福知山マラソン」の開催内容を決めた。今年は最終関門の制限時間を10分延長するほか、サブ種目として高校生以上が出場できる10kmの部を新設する。コースは由良川沿いを走るこれまでと同様の日本陸連公認コース42・195kmで、11月23日に実施する。今大会は北京パラリンピック派遣選手選考会を兼ねる。

 
 マラソンは登録、一般、視覚障害者の3部。高校生を除く18歳以上の1万人を7月1日から先着で募集する。今年は6つ設けている関門のうち、4つの関門で制限時間を短縮、延長する。4km地点が35分(1分短縮)、8km地点が1時間(3分短縮)。32km地点は3時間50分(10分延長)、最終の37・3km地点は4時間40分(同)にする。
 
 参加料は7月1日から8月31日までに申し込むと5000円、9月1日から10月10日までは6000円。
 
 サブ種目は10kmと、2km、3kmファンランの個人とペア。申込期間はいずれも7月1日から10月10日まで。参加料は10kmが2500円、ファンラン個人が1000円、同ペアが1500円。10kmは1000人、ファンランは個人500人、ペア100組をいずれも先着で受け付ける。
 
 新設する10kmは、4km地点に関門を設け、制限時間を35分にする。フルマラソンと同時スタート。
 
 問い合わせは電話0773(24)3031の事務局=市武道館内=へ。
 

写真:昨年のスタート直後の様子

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ