WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年5月11日のニュース

夜久野町史第2巻が完成 仏像などの写真多く使う

0511tyousi.jpg
 福知山市の夜久野町史第2巻「資料編」が完成した。同町の貴重な資・史料を写真入りで紹介。縄文時代から中世までの遺跡・遺物、文献を収録したほか、全体の半分のページを割いて、町内のほとんどの寺社の仏像、仏画などを載せており、充実した内容になっている。14日から販売する。

 
 町史編さん事業は02年度に始まった。町内外から多くの調査協力や資料提供を受けて、05年2月に第1巻「自然科学・民俗編」を刊行した。その後、合併に伴って旧町から市として事業を引き継ぎ、第2巻刊行に向けての編集を進めた。大阪市史編さん所委員、大阪教育大教授らが執筆した。
 
 第2巻はA5判、本文449ページ、口絵写真14ページで、800部を作った。4部構成で、最初の「考古」では縄文時代から江戸時代までの遺跡・遺物64件を取り上げ、続く「古代」では編年史料や木簡・奥書127点を載せている。
 
 「中世」には安国寺文書や編年史料など147点を収めている。武士であり、地域に根ざした領主だった夜久家文書を初めて公開しているのが特徴。田畑の売買時につくられた売券、所領を譲与するときの譲状、寺社に寄進するときの寄進状などがある。
 
 「美術」には寺や神社、公民館など50カ所の所蔵史料を調べ、彫刻、絵画、工芸品などを収録。平安時代初期の作で町内最古級の仏像と推定される大油子地区の観音菩薩立像、同町唯一の重要文化財の仏像に指定されている宮垣地区の釈迦如来坐像など337点を、写真をふんだんに使って分かりやすく紹介している。
 
 値段は4200円。市役所会計室、夜久野ふれあいプラザ、市郷土資料館で販売する。第1巻は5000円で販売中。こんご、資料編の近世・近現代分と通史編を刊行予定。
 
 問い合わせは夜久野町史編さん室=電話0773(37)1105=へ。
 

写真:貴重な資料を写真入りで紹介する第2巻

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ