WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年5月 2日のニュース

金粉で猫描く 夜久野高原で漆の作品展

0502urusi.jpg
 猫をモチーフに蒔絵(まきえ)の創作活動を続けている川端圭介さん(36)の「漆作品展」が、福知山市夜久野高原農匠の郷内、木と漆の館で始まった。伝統の技に新しい感性を織り交ぜ、独自の世界を見せている。

 
 川端さんは京都市立芸大で漆工を学んで蒔絵師に弟子入り。1997年に同大学院を修了して現在は京都市立銅駝美術工芸高の講師をしている。木と漆の館で毎月第4土・日曜日に蒔絵教室の講師をしている縁で、大型連休を挟んだ作品展を開くことになった。
 
 展示している作品は漆の蒔絵パネルを中心に11点。いずれも自身が学生時代に飼っていた茶トラの猫をモチーフにしている。
 
 黒く光る漆パネルの上に金粉で猫を描き、ピンと伸びた細いヒゲに技術の高さがうかがえる。物陰から様子をうかがう猫の姿や、気ままに散歩する姿は、見る人の想像力をくすぐる。6月24日まで。
 

写真:それぞれの作品にいろんな猫の姿が表現されている

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ