WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年4月10日のニュース

ソフトテニスのサンライフに世界をめざす15歳が入社

0410satou.jpg
 ソフトテニス界注目の若手選手・佐藤那帆さん(15)=岡山県倉敷市出身=が、女子実業団チームの強豪・サンライフ女子ソフトテニス部(福知山市長田)に加わった。佐藤選手はサウスポーで、全国中学校大会2年連続優勝など華々しい戦績と実力の持ち主。「20歳までに世界一になりたい」という大きな目標に向け、サンライフチームの一員としてプレーしている。

 
高校に通い実業団大会に出場
 
 佐藤選手は1日、同社に入社。同時に福知山成美高校に通い、授業が終わったあと練習するという生活を送る。インターハイ(高校総体)などには出場できないが、実業団の試合に出る。
 
 ラケットを手にしたのは小学2年生のとき。5、6年生時には全日本小学生選手権大会で優勝、全国中学校大会は1年生で準優勝、2、3年生のときに2年連続で優勝するなど、数々のタイトルを手にしてきた。さらに一般選手も出場する全日本女子選抜大会で、中学生としては大会史上初となる決勝トーナメント進出を果たすなど、その実力は高く評価されている。
 
 同社には縁あって小学生のころから練習に参加しているため、なじみ深い。センスのよいユニホームにもあこがれ、福知山行きを決心。レベルの高い先輩選手と一緒にプレーできることを喜んでおり、「元気を出していきたい」という。目標はまず、日本大会の最高峰、天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会で優勝して日本一になり、そのあとは「世界一をめざす」と明確に答える。
 
 古賀俊彦監督は「現時点でも国内を代表する一流選手と対等の力を持っています。魅力は沈むようなボールを打つことができること。まず実業団のボールのスピードに慣らし、来年には全日本レベルにまで育てたい」と活躍に期待している。
 
 同社はこれまでに01、03、05年の3度、日本リーグでチャンピオンに輝いている。ヨーロッパ、アメリカなどの大会にも出場しており、今年5月にはドイツ、スペインでの大会を控えている。
 

写真:大きな目標に向かって練習に励む佐藤選手


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ