WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年4月 7日のニュース

トビが弁当を狙い急降下 三段池公園の芝生広場

0407tobi.jpg
 福知山市猪崎の三段池公園大はらっぱで6日午後1時30分ごろ、市内土師宮町の主婦が子どもたちと弁当を広げていたところ、上空にいたトビが弁当のおかずを奪うために急降下、8歳の長女が顔を切るけがを負った。大はらっぱはこのほどオープンしたばかりで、これからの行楽シーズンには多くの人たちが訪れると思われるが、上空にトビがいる場合は十分な注意が必要だ。

 
行楽シーズン迎え十分な注意が必要

 主婦によると、子ども3人を連れて出掛け芝生の上で弁当を広げていた。すると上空を旋回していたトビが、長女がはしで口に運ぼうとしていたヒレカツを目掛けて急降下し、奪い取って飛び去った。その際に鳥のくちばしか足のつめが顔に接触し、鼻の横を長さ5cm余り切って出血した。
 
 主婦は「せっかく楽しみにしていたのに残念です。娘もびっくりして帰りたいと言い出しました。体の小さい子どもを狙っているようです。行楽シーズンを迎え、多くの方が出掛けられると思いますが、みなさん十分注意してほしい」と話していた。
 
 野生動物に詳しい森方徹さんは「三段池周辺にはトビが多くいます。以前から人を目がけて飛んでくることがありました。特にこの時期は交尾期で気が荒くなっています。面白半分で弁当のおかずを放り投げて与えたりする人がいますが、それをすると食べ物を奪うようになるので、絶対にやめてほしい」と呼びかけている。
 

写真:大はらっぱの上空を旋回するトビ。時には数羽が群れて飛ぶ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ