WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年3月29日のニュース

田んぼに大きなクマさんの絵 新庄の国道沿い

0329tanbo.jpg
 福知山市新庄の国道沿いにある田んぼに、レンゲで形作った巨大なクマやウサギなどの絵が描かれている。耕作前の田んぼに種をまき“デザイン”したもので、今後、花が咲き始めると、更に形がはっきりし、通行人たちの注目を浴びそうだ。

 
 作ったのは近くに住む芦田さん(58)。2年前にも別の場所に所有する田んぼにレンゲでハートと〒マークを形作って、子どもたちから好評を得た。
 
 今回は多くの人たちに楽しんでもらおうと、様々な図柄を考案。事前に下絵を描いて、昨年10月から、国道429号沿いの鴫谷川近くの田んぼ約35aで作業を始めた。
 
 絵柄はクマ、ウサギのほか、SLやチューリップ、風船、「とよとみのさと・米」の文字。現地ではロープと杭(くい)を使い、おおよその形を決めて、レンゲの種をまいていった。その外側には小麦の種もまき、花が咲いたあとはっきりと分かるようにした。母親(86)や知人の手も借り、約1週間かけて仕上げた。
 
 クマなどの輪郭は、周囲約100mあり、高い所から斜めに見たときに、まともな形に見えるよう工夫している。4月に入って花が咲き始めると、その形がより鮮明になる。田んぼの一角には近くの修斉保育園の園児たちが楽しめるよう、レンゲの花畑も設けている。
 
 田植えを始める5月初めごろまで置いておく予定で、芦田さんは「今の世の中、悪い出来事が多いので、多くの人たちに見てもらい、心を和ませてもらえれば。来年も何かの文字や図柄に挑戦したい」と話している。
 

写真:クマやウサギなどの絵柄が描かれている


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ