WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年3月28日のニュース

戸田に保育園完成 敷地内に老人福祉施設も

0328toda.jpg
 福知山市などで社会福祉事業に取り組む社会福祉法人みつみ福祉会(段畑秀男理事長)が、同市戸田に建設していたわかば保育園(小林伸園長)と認知症高齢者グループホームとだ(藤本喜章施設長)が完成した。少子高齢化が進む中、世代間でふれあう機会が減っており、同じ敷地内にある両施設間や地域との交流にも力を入れる。

 
 同福祉会は1961年8月に設立。現在、知的障害者施設、老人ホーム、保育所など11施設を運営している。今回は、戸田周辺地域からの要望を受け、老朽化が進む同市日吉ケ丘の日吉ケ丘保育園を移転新築し、さらに高齢者グループホームを併設した。園名は公募して改名した。
 
 建設されたのは市道上荒河観音寺線(旧中丹広域農道)沿いの土地約1万2500平方mの一角。保育園は鉄骨造り一部2階建て974平方m。旧園舎の3倍ほどの広さで、0歳から5歳児までの各保育室や約200人を収容できるステージ付きの多目的ホール、ランチルーム、職員室、調理室などを設けている。敷地内には野菜畑も造り、土に親しむ活動をする。定員60人。4月3日に入園式をする。
 
 グループホームは木造平屋建て351平方m。家庭的な雰囲気のなかで共同生活できるように設計してあり、居室9室、食事室、談話室、浴室、宿直室などを配している。定員9人。5月1日に開所する。
 
 小林園長と藤本施設長は「地域に親しまれる施設にするため、納涼大会などに地域の人たちを招き、園児の歌をグループホームのお年寄りに聞かせるなど交流を進めたい。子どもたちに思いやりの心が育ち、お年寄りの生きがいにつながる相乗効果に期待しています」と話している。
 
 両施設の用地造成費を含む総事業費は約4億5000万円。高見組が請け負った。
 
 残る土地には高齢者福祉施設を建設予定。
 

写真:市道沿いに建設された保育園


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ