WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年3月15日のニュース

青年海外協力隊員が市民に体験発表会

0315kokusaipaneru.jpg
 福知山市出身の青年海外協力隊帰国者の体験発表会が24日午後2時から、市武道館で開かれる。講師はバングラデシュに2年間派遣された井上貞行さん(28)。質問コーナーやトークタイムもある。市主催、独立行政法人国際協力機構・大阪国際センター協力。

 
 井上さんは、高校教諭を辞め、04年7月15日から06年7月26日まで、バングラデシュに派遣された。理数科教諭として、教員訓練大学で中学校教員に理科実験などの指導をした。現地で感じたこと、学んだことを多くの市民に伝えたいとの井上さんの申し出があり、体験発表会が開かれることになった。
 
 体験発表、協力隊ビデオ上映、質疑応答、トークタイムなどがある。入場無料。参加希望者は直接会場へ。
 
福知山市役所で国際協力パネル展
 
 井上さんの体験発表会に合わせて、市役所1階ロビーで15日から、現在青年海外協力隊員として派遣されている福知山市の2人の活動写真などを展示している。
 
 2人は昭和小学校教諭の冨田景子さんと市内在住だった佐賀弘さん。冨田さんは05年7月から約1年9カ月、パラグアイで小学校教諭を目指す学生に音楽を中心とした授業の進め方を指導してきた。現地での活動はすでに終えており、今月末に帰福する予定。
 
 佐賀さんは06年3月から2年間の予定でパプアニューギニアに派遣されており、現在も現地で稲作技術指導を続けている。
 
 写真では、教室で指導する子どもたちと笑いあう冨田さんや、現地の人と一緒に田の草引きをする佐賀さんの姿など、活動の様子などを紹介。2人のメッセージカードも展示している。井上さんが訪れたバングラデシュの町並みや人を写したものもあり、3カ国計25点の写真が並んでいる。このほか、各国の民芸品なども展示されており、来庁者の興味を引いている。展示は23日まで。
 

写真:市役所1階ロビーで始まっている国際協力写真パネル展


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ