WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年3月 2日のニュース

もち米の寄付受け、独居老人におはぎ届ける 夜久野のボランティア

0302ohagi.jpg
 福知山市社会福祉協議会夜久野支所の調理ボランティアグループ(夜久欣子代表)が1日、寄付を受けたもち米でおはぎをこしらえ、夜久野町内で一人暮らしをしている80歳以上のお年寄り約100人に配って回った。

 
 もち米は、夜久野支所管内の住民が昨年10月、「何かの役に立ててもらえれば」と支所に寄付したもの。15kgあり、春の彼岸が近いことから、支所職員と調理ボランティアの女性会員がお年寄りにおはぎを振る舞うことにした。
 
 姉さんかぶりにエプロン姿のボランティア会員9人は、同町平野のふれあいの里福祉センターで、つきたてのもちを丸める人、各家庭で炊いてきた小豆や黄な粉をまぶす人などと分担し、トレーに3つずつ入れていった。そして「お元気でお過ごしでしょうか。今年の冬は暖かくて良かったですね。季節の変わり目なのでくれぐれもご自愛ください」と印刷し、色紙で折ったおひな様を張った帯を付け、会員や職員が一軒ずつ訪ねて配った。
 
三和では巻きずし
 
 また、ひな祭りを前に三和支所と三和地区民生児童委員協議会は2日、巻きずしを作り、支所管内の一人暮らし老人約200人にプレゼントした。
 
 巻きずしに使った米は、夜久野の仏教会から夜久野支所へ寄付されたもので、合計66kgあり、グリーンビラ夜久野と三和支所へ半分ずつ分配していた。
 

写真:おはぎをこしらえ、トレーに入れていく調理ボランティアの会員


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ