WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年2月26日のニュース

福知山市07年度当初予算 一般会計は6.8%減の360億

0226yosan.jpg
 福知山市は26日、総額847億8247万1千円の07年度当初予算案を発表した。合併2年目で、第4次市行政改革元年を迎え、予算規模を縮小しながらも「選択と集中」で重点の継続事業や新規事業に臨む。財政調整基金を切り崩すことなく、限られた財源を、いかに効率的に活用するかに挑戦する「行革元年断行予算」。3月5日開会の市議会3月定例会に上程する。

 
 5年間で、一般財源から47億5千万円を削減し、市のあり方を見直す第4次行革。予算案総額は、合併後初の予算組みをした前年度当初と比較すると4・5%減となる。
 
 一般会計は360億5千万円で、前年度対比の増減率では、1961年以降最大の下げ幅で6・8%減。人件費削減、事務事業や補助金の見直しなどで、行革初年度の削減目標6億5千万円を2千万円上回る6億7千万円を削り、歳出の絞り込みを進めた。財源のスリム化を図った上で、必要な施策を見極め、取り組むという。
 
3歳−小学3年の通院医療費を助成
 
 少子化対策には力を入れる。3歳から小学3年生までの子どもの通院医療費を助成する「ふくふく医療費支給制度」を新設。これまでは5歳だった上限を引き上げ、所得制限も撤廃。保護者は1医療機関につき1日500円までを支払い、残る医療費は市が各医療機関に直接支払う。2126万6千円を計上する。
 
 国定公園の指定に向けて三岳山、大江山連峰一帯では、全国に魅力を発信し、代々栄える森をつくることを目指す「福知山千年の森づくり(フォレストパーク構想)事業」に乗り出す。07年度から2年計画で、構想策定に向けた調査・研究を行う。予算規模はまず200万円だが、長期にわたる一大プロジェクトの一歩を踏み出す。
 
 市民参画の一つとして、児童・生徒、保護者、地域住民が一体となって準備を進めている天座二区の公誠小学校、北陵中学校の全面移転改築に向けて予算化した。建設予定地は北陵コミセン敷地内で、07年度に実施設計と老朽化の激しい現校舎などの危険度を裏付けるための耐力度調査を行う。1800万円を組んだ。
 
 都市計画道路の築造地にかかる市武道館は、三段池公園地内に移転改築する。予定地は三段池総合体育館下の第2駐車場の隣接地。地上2階建て約3610平方mで、剣道場、柔道場各4面などを備える。2カ年で建設する。10月に本体工事の着工予定で、5億7840万円を計上。現武道館跡地は新武道館が開館後に駐車場にする。
 
 継続事業では、市が目指す「北近畿の都」の核とするe−ふくちやま整備事業、仮称・北近畿の都センター建設事業、駅周辺整備事業の進ちょくなどに重点を置く。
 
 主な新規事業を挙げると、乳幼児医療費支給拡大事業▽障害者自立支援対策臨時特例交付金事業▽上野千原線新設改良事業▽異業種参入支援モデル事業(農業関連)▽中小企業融資制度「マル福」▽防災行政無線屋外拡声子局整備事業などがある。
 

写真:第4次市行政改革の初年度で断行予算を組んだ市。限りある財源を有効活用できるかが問われる重要な1年になる


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ