WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年2月20日のニュース

KTR高架化に本格着手 22日深夜に仮線路切り替え

0220ktr.jpg
 京都府は、福知山駅付近連続立体交差事業で取り組む北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮福線の高架本体工事に着手する。在来線の一部を仮線路に切り替える工事を22日深夜に行う。

 
 この事業は、福知山中心市街地の交通安全、交通渋滞の解消と線路で南北に分断されたまちの一体化が目的。JR山陰線、福知山線、電車基地通路線の計4・9kmとKTR宮福線1・2kmの区間を連続立体交差にする計画で、JR線は05年11月に高架開業した。
 
 KTRの高架は、JR線の高架と並行して建設する。福知山駅から下篠尾踏切まで0・8kmを高架橋、その後西側0・4kmを土盛りで高架化する。
 
 この高架スペースを確保するため、全工区のうち380m間で在来線を仮線路に切り替える必要があり、昨年10月から最大3・2m北側に仮線路を振る工事を進めていた。
 
22日の最終列車は荒河かしの木台発に
 
 切り替え工事は、22日深夜から23日早朝にかけて行う。この工事に伴ってKTRは、22日最終の23時1分福知山発宮津行き普通列車を、荒河かしの木台駅23時6分発にし、福知山駅−厚中問屋駅−荒河かしの木台駅間はタクシーで代行輸送する。
 
 また、KTR福知山駅の新駅舎も高架にするため、その基礎工事が昨年12月から始まっている。今後は両工事を並行して進め、08年度の開業を目指すという。
 

写真:仮線路の敷設工事が進んでいる市内の下篠尾踏切付近


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ