WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年2月10日のニュース

AED搭載した自動販売機 夜久野高原の温泉に登場

0210aed.jpg
 福知山市夜久野高原、農匠の郷内「やくの温泉」ほっこり館に、AED(自動体外式除細動器)を備えた清涼飲料自動販売機が7日、お目見えした。全国で8台目。府北部では初めて設置された。

 
 AEDは心肺停止状態の人に電気ショックを与えて蘇生させる装置。音声案内に従って操作すれば一般の人でも使える。公共施設など多くの人が集まる場所に備えられるようになってきたものの、目につき、しかも安全に管理できる設置場所を確保できずにいる施設もある。やくの温泉では、自動販売機を置いているコガベンディング社が「地域に貢献できる自販機を」と温泉側と相談し、AEDを搭載した新型機を設置することにした。
 
 自販機前面のよく見える部分にAEDが組み込んであり、透明カバーを開けるだけで取り出せ、すぐ使える。収納部分に施錠はしてない代わりに、いたずら防止でカバーを開けると大きなブザーが鳴る仕組み。
 
 一般に、心肺停止から1分以内に蘇生できれば助かる確率は90%と高いが、9分たつと7%、10分たつと難しい−とされる。兵庫県境にある夜久野高原の場合、福知山消防署北分署の救急車が到着するのに晴れた日で17分ほどかかることから、だれでも使えるAEDは大きな戦力になりそう。
 
 設置を前に、やくの温泉ではスタッフ全員がメーカーからAEDの使い方を学び、消防署の救急蘇生法講習も受講。「みなさんに安心して温泉を楽しんでもらえます」と話している。


写真:AEDを搭載し、よく目立つ自動販売機


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ