WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年2月 2日のニュース

台風23号を教訓に災害ボランティアの登録制度創設

0202saigai.jpg
 福知山市災害ボランティアネットワーク連絡会(西本庄之助代表、13団体)は、災害ボランティア登録制度をこのほど創設した。台風23号災害の教訓を生かした事業で、連絡会では災害時にボランティア活動ができる個人、団体を募っている。軽トラック、リヤカー、発電機など災害復旧活動時に役立つ資機材の貸し出しの登録も呼びかけている。

 
 災害時にボランティア活動をしてくれる個人、団体と活用できる資機材を事前に登録し、把握しておくことで、円滑に、効果的にボランティア活動ができるようにするため、同制度を創設した。
 
 登録すると、災害時には近隣住民の救出▽高齢者や障害者ら要配慮者と避難所の支援▽泥かきや家屋清掃などをする。また平常時にも、個人には地域内での見守り、事業者などには家屋点検ボランティアといった活動をしてほしいと望んでいる。
 
 対象は市内在住、在勤、在学の個人、団体、事業所など。資機材については「軽トラック1台でも登録していただければ」としている。登録方法は市社会福祉協議会にある申込書に必要事項を記入し、提出する。
 
 連絡会は昨年9月、市社会福祉協議会が事務局となり、行政、福祉関係機関など13団体で発足した。
 
 問い合わせは電話0773(23)3573の市社協へ。
 

写真:2004年の台風23号災害の際、旧大江町でボランティア活動を行う人たち(市社協提供)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ