WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2007年1月17日のニュース

大震災から12年 初めて府内統一マップ使って災害対策訓練

0117map.jpg
 阪神・淡路大震災発生から丸12年が過ぎた17日、府の中丹広域災害対策支部訓練が行われ、福知山市も参加した。防災担当職員がテレビ会議や府内統一の災害ベースマップの初運用をして、緊急時の迅速な連携に備えた。

 
 同訓練には、福知山、綾部、舞鶴3市、府中丹広域振興局と各地域総務室、中丹西・東両土木事務所が参加した。
 
 災害ベースマップは、府がこのほど作成したもので府内を全6ブロックに区分けした統一の防災地図。縦・横軸に番号が振られており、崩落などが起こった地点などが縦軸と横軸の連なる番号で入ってくる。地名のわかりづらい地域や管轄外地区であっても地図上の番号を照らし合わせることで正確に書き込むことができる。情報伝達方法が統一された利点もあり、迅速な対応に役立つ。
 
 同マップを使った訓練は初めてで、市役所では府から衛星系システムを備えたファクスで送られてくる情報をもとに地図に書き込んでいった。参加機関をつないだテレビ電話会議では、それぞれの状況報告を行った。
 
 市はこれとは別に、同日午後7時45分から防災行政無線を使い、高日音彦市長が自主的な防災活動の必要性などを呼びかける。


写真:府が作成した府内統一の災害ベースマップの運用訓練が初めて行われた


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ