WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月27日のニュース

明正小のつくりもん 巨大ドッコちゃんが来庁者をお出迎え

1027dokkotyan.jpg
 福知山市役所に入ると、目に飛び込んでくる身長2mの巨大ドッコちゃん。同市夜久野町井田の明正小学校(高井俊明校長、75人)の児童らが制作した「つくりもん(下ダシ)」で、見事な出来に来庁者が足を止めている。

 つくりもんは、府無形民俗文化財の夜久野の奇祭「額田のダシ祭り」の花形として知られ、野菜や山の幸を使って物語の一場面などを作り上げる。毎年10月の第2土・日曜日に祭りがあり、今年も額田地区一帯で地区ごとのつくりもんが並んだ。

 同校は4年前から地域文化学習として、つくりもん制作に取り組んでいる。今年は市町合併を記念して市のイメージキャラクターのドッコちゃんを題材にした。

 高さ2m、幅1・3mの巨大サイズ。遠くからは大きな人形だけのイメージだが、近くで見ると、目は黒豆、口は赤トウガラシ、髪はススキの穂、着物はアオキの葉など、施された工夫に驚くばかりで、来庁者を楽しませている。展示は11月2日まで。

 置いてあるのは正面玄関を入ってすぐの1階ホール。つくりもんの制作過程のパネルも展示している。


写真:夜久野の明正小学校が作った市のイメージキャラクター「ドッコちゃん」のつくりもんが、市役所1階で「いらっしゃい」


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ