WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月21日のニュース

歩いて地域の歴史知る 惇明公民館「ホリデーウオーク」に70人

1021walk.jpg
 福知山市の惇明地区公民館(高山義朗館長)主催の「ホリデーウオーク」が21日あり、子どもからお年寄りまで約70人が参加した。旧市街地周辺を歩き、各名所や旧跡で専門家から話を聞いて身近な歴史に触れた。

 同公民館が4月に発足したのを記念しての催しで、午前9時すぎに、内記五丁目の惇明小学校をスタートした。説明役は郷土史家の山口正世司さんら。最初に訪れた近くの内記稲荷神社の境内には、マリア観音が彫られた「キリシタン灯ろう」があり、参加者たちは山口さんから、江戸時代のキリスト教弾圧後に彫られたこと、福知山に多くのキリスト教信者がいたことなどの説明を受けた。

 このほか呉服町の明覚寺も訪れ、参加者たちは山門に福知山城の門が使われていることなどを知った。コースは約3km。10カ所余りを回った。途中、由良川音無瀬橋付近の河川敷でイモ煮会をして、具だくさんの料理を味わった。内記一丁目の塩見晃さん(78)は「健康によく、いい勉強にもなります。初めて知ることが多く、本当にためになる」と話していた。


写真:内記稲荷神社のキリシタン灯ろうを見る参加者たち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ