WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

 

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2006年10月19日のニュース

上六人部で高齢者見守り隊結成 地区全体で助け合える関係を

1019mimamori.jpg
 福知山市上六人部地区に、区内のお年寄りたちが安全に暮らせるよう、高齢者見守り隊が結成され、10月から本格的な活動に入っている。一人暮らし老人宅を訪ねての声かけや健康講座の開催など、様々な取り組みをして、地域全体で高齢者を支え、安全なまちづくりを目指す。

声をかけ 話し相手にも

 近年、お年寄り世帯を狙った悪質リフォーム事件や一人暮らし老人の孤独死などが問題となっている。高齢化が進む上六人部地区でも、お年寄りたちがこうした事態に遭う可能性があることから、上六人部学区福祉推進協議会(福井醇会長)が府社協の委託を受け、見守り隊活動に取り組むことを決めた。

 同協議会では以前から見守り活動的な取り組みをしてきたが、協議会員だけでなく、地域内のあらゆる人たちに参加してもらい、地域ぐるみの活動にしたいと考えている。

 具体的な活動としては、一人暮らし老人宅に、回覧板渡しなど、何かのついでで訪れた際に「変わったことはないですか」「困りごとは」などと声をかけ、お年寄りたちの健康状態も聞く。希望者に対しては定期的に月1回程度訪問し、話し相手になる。

 このほか、健康講座や会食会の開催、福祉だよりによる情報提供、子どもとの交流会などを予定している。また緊急事態に対処するため、お年寄りの了解を得て身近な連絡先の把握にも努める。こうした活動が地区全体に広まっていくよう、各自治会長を通じて住民たちに協力を呼びかけている。

 すでに声かけなどは始まっており、ある独居老人は「本当に安心する」と協議会の活動に感謝している。福井会長(65)は「住民のみなさんの負担にならないよう日常の活動を通じて取り組んでいけたらと思っています。地区内では子ども見守り隊の活動も行われており、地区全体で互いに助けあえる関係をつくりたい」と話している。

 高齢者見守り隊の活動は上六人部地区のほか、市内では旧3町の3地区で取り組みの動きがある。


写真:活動の一つの声かけで、気軽にお年寄りたちの話し相手になる


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

このサイトの正式公開は2000.6.20です

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ